仙台市泉区の歯医者 ひとしファミリー歯科です。入れ歯装着による問題の改善を行っています。

ご予約・お問い合わせは 022-252-4618 お気軽にお問い合わせください。

ひとしファミリー歯科 歯科口腔外科・小児歯科・一般歯科

入れ歯

入れ歯について

入れ歯について

ぴったりの入れ歯で、
毎日の食事を美味しくしませんか?

入れ歯は決して見た目だけのものではありません。せっかく入れ歯を入れても、噛み合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。

また、入れ歯がフィットせずすぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。当院では、見た目はもちろん噛む機能を重視し、あくまでも噛む機能を回復するための入れ歯を提供できるよう力を注いでおります。

入れ歯のタイプ

総入れ歯
総入れ歯大部分の歯が失われた場合に用いるタイプです。総入れ歯は吸盤のように口の中で密着します。「総入れ歯には違和感がある」というイメージをお持ちの方もいますが、現在の総入れ歯は大変精巧になっていて違和感なく噛むことでき、食事も問題なく楽しむことが出来ます。
部分入れ歯
部分入れ歯失われた歯の周囲に支えとなる歯がない場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に用います。上下ともに健全な状態の歯が一本でも残っていることが条件となります。取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯にクラスプ(金属のバネ)で固定して噛めるようにします。

当院の入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャーは、金属のバネを使わず素材の弾性で歯ぐきにフィットする入れ歯です。部分入れ歯をお使いの多くの方を悩ませる「金属のバネ」がないので、見た目がとても自然です。また、「健康な歯を削る必要がない」「装着時の違和感が少ない」「割れにくい」などの優れた様々な特徴を持っています。


ノンクラスプデンチャーの長所

  • 樹脂の弾性を利用して装着するため、歯に固定するためのクラスプ(金具、バネ)を必要としません。
  • 歯肉の色に近い樹脂で出来ていますので、部分入れ歯を装着していることにほとんど気づかれません。
  • 弾性の高い樹脂を使用するため壊れにくく、一般的な樹脂の部分入れ歯よりも薄く軽く作って違和感を軽減することが出来ます。
  • 樹脂の弾性によってかみ合せの負担が緩和されるため、通常の入れ歯と比べて固定源の歯を傷つける心配がありません。

ノンクラスプデンチャーを使用する際の注意点

特殊な樹脂で出来ているため、お手入れには注意が必要です。市販されている一般的な洗浄剤(塩素系・漂白系)を使用すると変質・破損する恐れがありますので、専用の洗浄剤を使用するようにしてください。

PAGE TOP